• HOME
  • CONTENTS
  • 【後編】“はたらくWell-being”を生み出すための手段として―「テクノロジー活用による生産性の向上」を、パーソルクロステクノロジーから世の中へ

【後編】“はたらくWell-being”を生み出すための手段として―「テクノロジー活用による生産性の向上」を、パーソルクロステクノロジーから世の中へ

パーソルグループは、中期経営計画2026において「“はたらくWell-being”創造カンパニー」をキーワードとして掲げ、はたらく個人の可能性を広げることに挑戦しています。 

パーソルクロステクノロジーには、”はたらく個人”の中でもエンジニアのはたらき方を変えることで、社会課題を解決していきたいという思いがあります。この背景には、エンジニアをはじめとする技術者の派遣事業を担っていることや、これまで磨いてきた「モノづくり技術」と「IT技術」を掛け合わせ、IoTやDXの推進を通じて業務生産性向上に寄与していきたいという思いがあります。 

今回は、パーソルクロステクノロジーの取り組みと展望をテーマに、パーソルクロステクノロジーでIT営業本部、事業統括本部を管掌する執行役員本部長の山川に話を聞きました。 

【前編】はこちら→パーソルクロステクノロジーで未来を担うエンジニアと向き合う―はたらき方やマインドの変革から日本を元気に

人材や技術、企業の“クロス”によって、社会やエンジニアとしてはたらく個人のニーズに応える 

―まずは、パーソルクロステクノロジーとはどのような会社か、概要から聞かせてください。 

パーソルクロステクノロジーは、自動車や航空宇宙、産業機器などの“モノづくり”から、システムやWeb、通信といった“IT”まで、幅広い領域において技術的なコンサルティングや請負、エンジニア派遣などを手がける企業です。 

IT・モノづくりエンジニアの人材派遣サービスを提供するパーソルテクノロジースタッフ、モノづくりの領域における人材派遣・業務委託・請負を行うパーソルR&D、両社の親会社であるパーソルプロフェッショナルアウトソーシングの合併によって、2023年1月に誕生しました。 

―パーソルクロステクノロジーはどのような背景で設立されたのでしょうか。 

昨今テクノロジー活用のニーズが急速に高まり、今後もその社会実装の加速が予測される中、エンジニアとしてはたらく個人の“多様なはたらき方”や“スキル獲得・キャリアアップ”に対するニーズも高まっています。 

「“はたらくWell-being”創造カンパニー」を掲げてはたらく個人の可能性を広げることに取り組むパーソルグループとして、私たちの持つ採用・育成力と案件獲得力を活かし、このような社会やエンジニア個人のニーズに応えたいというのが、社会的な背景をふまえた一つの目的です。 

またこれからの時代、ITとモノづくりの垣根は限りなく低くなっていくはずです。例えば自動車の電子制御が当たり前のものになると、ハッカーによる乗っ取りを防ぐためにも、IT領域で培われた技術を応用して車のセキュリティを高めることが求められるようになりますよね。 

こういったITとモノづくりの関連性が高まる中、パーソルグループが持つそれぞれの領域における技術を武器として“クロス”させ、シナジーを生みながら他にはない価値を発揮していきたいという思いも込められています。 

はたらくエンジニアとお客様、それぞれにご提供できる価値とは 

―続いて、パーソルクロステクノロジーへの“期待”にフォーカスして伺います。まずはたらくエンジニアの方々に対して、どのような強みを持ち、どのような価値を提供していけると考えていますか? 

まず前提として、派遣というはたらき方は、組織や環境の変化に適応して自分自身を柔軟に変化させるという、今の時代においてビジネスパーソンとして求められるスキルを磨けるものだと言えます。 

この観点から、エンジニアリング技術だけでなくビジネススキルをも高め、キャリア形成における強力な武器を身につける機会をご提供できることが、一つの価値だと捉えています。 

またこれまで培ってきた案件獲得力と顧客基盤によって、活躍の場として幅広い選択肢をご提供できることも強みだと自覚しています。思いを持って努力される一人ひとりのエンジニアに対し、さまざまな業界のモノづくりに携われる可能性や、ITに関してもインフラやセキュリティ、AIなど多様な領域に挑戦できる可能性を届けていきたいところです。 

―スキル習得、人材育成という観点ではいかがですか? 

パーソル総合研究所が実施した「グローバル就業実態・成長意識調査(2022年)」の調査結果分析から、日本では新たなスキル・テクノロジーに対する関心や意識が諸外国と比べて低いことが明らかになりました。 

出典:パーソル総合研究所,グローバル就業実態・成長意識調査(2022年),p14

これをふまえ、はたらく個人の継続的なスキル習得・向上を企業が後押しすることが重要だと私たちは捉えており、現在この人材育成に向けた取り組みに注力しています。 

将来的には、パーソルグループとして蓄積してきた人材育成のノウハウや仕組みを活かしながら、モノづくりとITの両領域における知見を学べる拠点や仕組みを整備していきたいと構想しています。 

―お客様に対してはどのような強みを持ち、どのような価値を提供していけるとお考えですか? 

総合人材サービス企業としての採用・育成力や、パートナー企業さまとの協業によって、幅広い領域に対応できるエンジニアを輩出できることが、強みになると考えています。それによって、例えば戦略や企画のフェーズから実装・運用までEnd-to-Endでご支援することで、お客様の事業に貢献していくというのが一つの価値提供のあり方です。 

また上流からご支援に入らせていただいたその先で、グループ内での連携によって、システム開発や運用・保守を請負や人材派遣などさまざまな手段で支えていきたいと考えています。 

―それらの価値提供に向けて、現在具体的に取り組んでいることがあればお聞かせください。 

対エンジニアの取り組みとしては、PwCコンサルティング社との協業によって、人材育成支援サービス「はたらくモノサシ」の開発を行っています。これはITエンジニアを対象とし、スキルの現在地や理想のキャリアの実現に向けて必要なスキルを可視化することで、自立的な学びやキャリア選択を後押ししようというサービスです。 

「何を学ぶべきか」の示唆を与えて学習サイクルを生み出し、自己実現やキャリアに対する満足度を高めることにつなげられるよう、今後も取り組みを進めていきます。 

対お客様の観点では、AWS プレミアティア サービスパートナーであるサーバーワークス社とともにジョイントベンチャーとしてパーソル&サーバーワークスを設立。クラウドシフト・リフトが加速する中、クラウド領域、特にAWS領域で高いスキルを持つエンジニアが不足しているという課題に着目し、こうしたITエンジニアの育成強化、派遣でお客様をご支援していこうと取り組んでいます。 

これらはあくまで一部であり、現在はモノづくりとITの“クロス”による価値を新たに生み出すべく実験的な取り組みをさまざま進めているほか、SBU内で新規ビジネス創出をテーマとした選抜型研修を行っており、研修後ビジネス化の検討が可能なものは、事業化のより具体の検討を進めるといった新たな動きが生まれることへの期待もあります。 

SBU(Strategic Business Unit):意思決定の権限を委譲し、経営判断のスピードを高めて事業価値を最大化するべく組織されたビジネスユニットを指す。

社会課題に向き合い、企業の取り組みを支援し続ける存在に 

―最後に、パーソルクロステクノロジーとしての今後の展望をお聞かせください。 

特に大きなテーマとなるのが、“生産性を高める”ことです。日本の労働人口が減っていく中であらゆる企業が直面するこのテーマに取り組み、さまざまな企業をお手伝いし続ける存在になっていきたいと思っています。 

こうした“はたらく”への向き合い方は、人材紹介や人材派遣のような、いわゆる人材サービスの“ど真ん中”からは少し外れる、間接的なものかもしれません。 

しかし、テクノロジー活用によって生産性を高める過程において、結果的にこれまでにないポジションが生まれて新たなはたらき方が拓かれたり、人材不足に悩む企業の悩み解消につながったりしていくはずです。 

そんな、“はたらくWell-being”を生み出すための手段としての生産性向上を世の中にご提供することを通じ、中期経営計画2026や、その先にあるビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現に向けた価値発揮ができる組織を目指していきたいと思います。 

―ありがとうございました!

取材=伊藤秋廣(エーアイプロダクション)文=永田遥奈/撮影=古宮こうき
(2023年11月時点の情報です。)

山川飛鳥Asuka Yamakawa
パーソルクロステクノロジー株式会社
執行役員本部長
生命保険会社を経て、インテリジェンス(現:パーソルキャリア)にて人材紹介事業の営業職に従事。 その後、ゼネラルマネージャーとして人材派遣ビジネスのシステム企画・運用やBPRに携わったのち、パーソルテクノロジースタッフに転籍。組織マネジメントや企画推進を中心に幅広い業務範囲を担当後、2020年より本部長として間接部門全体を管掌。2023年4月より現職。

―― 合わせて読みたい記事

【前編】パーソルクロステクノロジーで未来を担うエンジニアと向き合う―はたらき方やマインドの変革から日本を元気に

パーソルテンプスタッフ株式会社 テクノロジー本部 本部長 原田耕太郎の写真

【後編】パーソルテンプスタッフが推進するテクノロジー活用―多様な仕組みでIT人材不足解消を目指して 

【前編】「はたらいて、笑おう。」の実現に向けて“安心してはたらける環境”で取り組むこと

【後編】テクノロジーの力で心地よく、楽しくはたらける環境を作る

ページの先頭へ